<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

登場人物が確かに生きていた。

評論家、小説家、脚本家など多彩な活躍をされていた中島梓さん、私にとっては小説家・栗本薫さんが亡くなったそうです。

ご冥福をお祈りいたします。


癌で闘病されていたとは知りませんでした。
100巻を超えるヒロイックファンタジー「グイン・サーガ」の執筆も一時期は1年に1冊出ればいい方というくらいお忙しそうだったのが、最近では刊行ペースがずいぶん早くなり、この連載に集中されて結末に向かって突っ走ってらっしゃるものと安心していました。

私は90巻を超えたあたりから他のものに興味が移ってしまっていたんですが、先が気になるので「いつか読もう」と新刊だけは毎回欠かさず買っていました。
つい先日126巻の『黒衣の女王』も購入したばかり。

まさか栗本さんが亡くなるなんて思いもしなかった。
ショックです。

d0088952_1531643.jpg

d0088952_1535468.jpg

写真は第1巻の『豹頭の仮面』の表紙です。
これに出会ったのは高校1年生の時。
クラスメートに薦められて読んだのがきっかけでした。
あれから30年。たくさん楽しませていただいたなぁ。

私は「紅(くれない)の傭兵・イシュトヴァーン」が好きなんですが、彼の人生は、明るく溌剌とした少年時代を象徴した陽のあたる所から、成長するにつれどこで道を踏み違えたのか薄暗い闇へと流転の路を辿っていました。
2枚目の写真は外伝です。
少年時代の、まだあどけなく、でも何かを成すに違いないと感じさせる頃のイシュトヴァーン。
今はどんな男になっているんだろう。
豹頭王グインとの関係は…

結末はどうなるのか。

ラストまで書き終えられなかった栗本さんはきっときっと悔しかったでしょう。
でも、これだけのものを今まで続けてこられた事の大きさ、そのために必要としたエネルギーは計り知れない…
今はただただ頭が下がる思いです。
私もせっかく買った今までの未読のグインを読もうと思います。

そして、栗本さんにありがとうと言いたいな。
[PR]

by aquadrops | 2009-05-31 15:04 | Book | Comments(0)

仕事復帰。

21日から職場に復帰します。
長い間お休みを貰い体調はすっかり戻ってます。
体力は…なるべく戻るように動いてましたがどうかな?
職場の仲間には迷惑かけたので、これから頑張って働きま~す(^v^)


ところで、兵庫は新型インフルエンザが流行ってます。
下火になったんじゃなかったんですね。
小、中、高ともに休校になっているので、朝からスーパーが妙に混んでるし、カラオケ店は高校生でいっぱい(>_<)
それってどうなの~?

子供はいいけど大人は休むわけにもいかないです。
私も、三宮を通って大阪まで通勤してる息子がちょっと心配ですが、まぁ毒性も弱いらしいのであんまり騒ぎ過ぎるのもどうかと思いながらニュースを見てます。
マスクはどこも売り切れですねぇ。
季節性のインフルエンザの方が高熱が続いたりと怖いような気もしますけど、新型だからこんなに大騒ぎになってるのかな。
とりあえず、手洗い・うがいを念入りにやっときます。


昨日も友達が来てたんですが、明日は別組が遊びに来る予定。
休養とはいいつつも、後半はなんだか遊びまくってる気が…♪

まぁ人の集まる家は栄えると言いますから、いいかな~

d0088952_2264130.jpg

これはテーブル上のぷち観葉。
メキシコ原産の常緑多年草。ベンケイソウ科。
和名は『虹の玉』
花が咲いたら嬉しいな♪♪
[PR]

by aquadrops | 2009-05-19 22:06 | Monologue | Comments(4)

念願の…

みなさんもうご存知だとは思いますが。

秋の舞台、『ドリアン・グレイの肖像』のイメージが朧げながら見えてきました。

そういえば、

ドリアン・グレイの肖像 (光文社古典新訳文庫)

ワイルド / 光文社

原作をまだ入手していません。早く読みたい。

ヘドともジェイミーともまるで違う、今まで見たこともない物憂げな顔をした青年が暗闇に立っている。
d0088952_17325842.jpg

(注)世田谷パブリックシアターのサイトより写真をお借りしました。

すっと通った鼻筋と翳のある頬から顎にかけてのライン。
少し伏せた目と口元の指が内面に抱えている何か狂ったものをほんの少し感じさせているような。
なんともいえないこの表情が本当は何を秘めているのか…
興味をそそられます。


陽炎の辻もパート3まで続き、抑えた磐音さまの演技の中で耕史くんがきっと得ただろう大きなものが舞台の上でどんな風に現れるのか。

舞台が始まれば、ドリアンの世界に取り込まれてきっと目を凝らして見詰めるしかないんだろうなぁと、今はそれしか頭に浮かびません。

早く会いたい。
[PR]

by aquadrops | 2009-05-14 18:04 | Stage | Comments(4)

あっという間に

もう5月も半ば。
しばらく暑かったですけど、また朝晩冷えてますね。

新型インフルエンザの一時の大騒ぎもようやく落ち着いたのか…日々新しい情報が流れては消えていきます。
平和な生活と健康の有難さが身に染みる5月。

私の身辺整理もやっとカタがつき、一息ついてます。
GWは終わり頃から急に忙しくなり、ネットもなかなか出来ずにいましたが、元気でやってますので皆さまご安心を(^v^)



GW中に、神戸のポートアイランドにあるIKEAに行きました。
スウェーデンからきたというこのお店、多種多様なインテリアが個性的にデザインされ、スペースごとに飾られています。
雑貨や陶器、布小物や寝具のコーナーもあり、眺めているだけでも楽しかったです。

うちは、激安のダイニングセット(ガラステーブルと椅子4脚)と、キッチンとリビングの間仕切り用ににガラス天板付きの白いカウンター、息子の部屋のキャビネット、照明、鏡を買いました。
配達を頼むと8千円ほど掛かると言われたので、息子の車(キューブ)に無理やり載せて、私が後部座席で出来る限りちんまりと座って家に帰りました。
念願の食器棚とソファとラグはロフトで購入。
思っていたより安く揃えられたのでいい買い物だったかな。
お気に入りはキッチンを仕切る白いカウンターです。
朝のお弁当作りの時など、場所が狭かったのでこれでらくちん♪♪

写真は私の部屋のMyコーナー(●^o^●)
d0088952_16204710.jpg

かばの親子は花屋さんで衝動買い☆
柔らかなあかりも眺めているだけで和みます。


和むといえば、動けるようになると花屋さんに行きたくてたまらない。
歩いていても植物にばかり目がいく私。
葉っぱの緑も花の色も鮮やかな季節です。
我が家のベランダも少し賑やかになりました。
紫陽花とラベンダー。
d0088952_16423519.jpg

d0088952_16432440.jpg


部屋の窓際のアンスリウム。
d0088952_1644129.jpg

つやつやした葉は濃い緑の大きなハート型。
真紅の花、のように見えるのは苞(ほう)といわれるもので、花は白い棒状の部分です。
花言葉は、「情熱」「印象深い人」「飾らない美しさ」「無垢な心」「煩悩」だそうです。
誰かを連想しますね(^_^;)
この植物は熱帯産なので寒さに弱くて今までは育てられませんでした。
マンションはあったかいので上手く育つかどうかチャレンジです。
[PR]

by aquadrops | 2009-05-14 16:51 | Monologue | Comments(4)