<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

使いの者の身の上頼上候 義豊

木曜時代劇「新選組!!土方歳三最期の一日」後編を見ました。

正月時代劇の時とはまた違う新たな印象を受けている自分に驚きながら、思いはやはり厳しい時代を命懸けで駆け抜けていった人たちに自然と向かってゆきます。


タイトルは、ドラマのラストで平原を駆けて行く少年隊士市村鉄之助に土方さんが持たせた故郷の家族への短い手紙です。
義豊というのは本名ですが、万一官軍に見付かった時に言い抜けられるよう土方歳三と書かなかったのでしょうか。
しかも市村のことを頼むとただ一言だけ。

史実では、鉄之助が託された物は写真とこの手紙の他に歳三の髪と辞世の和歌もあったとされています。
辞世は『両雄逸事』にこう記されているそうです。(原文は万葉仮名)
「よしや身は 蝦夷の島辺に朽るとも 魂は東の君やまもらむ」
どちらも歳三の手による物は残っていないので真実は定かではありませんが、代々縁戚の家に市村の来訪秘話として伝えられているのだそうです。


遺品を託された鉄之助が官軍の目を掻い潜り、歳三の故郷日野の佐藤家に辿り着くまでに3カ月もの月日を要しています。
これはその頃の旧幕府軍に対する官軍の無残な仕打ちのせいだったのでしょう。
追っ手から逃れる為に乞食のようなみすぼらしい姿に身をやつし、遺志を全うした16歳の命。
救おうとした歳三の優しい気持ちが感じられるようですが、鉄之助の果たした役割もまた、今も残る写真とともに大きかったのですね。

そして総督榎本武揚や歳三直属の上司だった大鳥圭介など、数年間の投獄ののち赦免され(強硬に死刑を望む長州をおさえ参謀黒田清隆や西郷隆盛、福沢諭吉などの助命活動が功を奏したと言われている)、新政府に出仕し活躍した幹部もいる一方で、旧幕府軍への残党狩りは苛烈を極め、戊辰・箱館戦争の戦没者たちは賊軍の汚名を着せられたまま、明治7年に布告が出されるまで墓を建てることはおろか慰霊も許されませんでした。

新選組にいたっては、ごく最近まで情け容赦のない殺人集団とされ、戦前の映画では碌な描かれ方をされていなかったようです。
それを覆したのが司馬遼太郎さんの小説「燃えよ剣」「新選組血風録」
昭和30年代後半にこの作品が発表されて人気を博し、ドラマや映画も作られ新選組のイメージも変化、土方さんはもちろんそれぞれの隊士たちもひとりの人間としてその生き方が認められるようになったようです。

土方家では子孫の方が今も遺品を大切に保管し一般公開もして下さっていますが、明治初期の頃、新選組隊士の縁者の方たちは辛い境遇におられたのではないでしょうか。
土方家の菩提寺に二人の英雄を称える「殉節両雄の碑」が建てられたのは明治21年。
一本木関門で土方さんが亡くなったのは明治2年。
今から130年ちょっと前でしかないんですね。
d0088952_20125657.jpg

[PR]

by aquadrops | 2007-12-22 20:12 | Monologue

木曜時代劇 新選組!!

2006年正月時代劇「土方歳三最期の一日」が前後編として再放送されました。

2005年の大河ドラマ「新選組!」が、香取くん演じる近藤勇の斬首という史実通りの結末を迎えてから、生き残った近藤の盟友土方歳三がその後の一年をどう生きたのか。

新選組!に魅了された人々の「副長のその後を見たい!」という熱い想いに応える形で、脚本家の三谷さんとNHKさんが大河ドラマ初の続編を作ってくれたのがこの「新選組!!」
まさか本当に実現するとは思っていなかった、組!ファンの夢でしたね。

2006年の1月3日。
テレビの前でドキドキ緊張しながら放送を待っていたのを思い出します。
嬉しいのと録画を失敗したら…と不安でトイレに何回も行って娘に呆れられた私なのでした(^_^;)

あれからもうすぐ2年ですね。
早いな~
しかし『木曜時代劇』というところがなんとも嬉しいです♪
実はDVDも持ってるのですけど、やっぱり再放送見てしまいました。

相馬たちに囲まれて和やかに昔話をしている所や、鉄に写真やコルクを託す部分、鵺の話、それから大鳥さんのぼやきと榎本さんの部屋に入ってすぐの会話などがカットになっていました。
組!ファンにとっては大切な部分もありましたけど時間の関係上仕方ないです。
「土方歳三最期の一日」の筋には影響しない所で、上手くカットしてありましたしね。NHKさん流石という所です。


しかし、土方さんはよく怒鳴ってますね。
戦況が日に日に悪化して、大軍が攻め寄せて来ようという緊迫した状況ですから当たり前なんですが。
しかも土方さんはバラガキですし。組!の副長ですから。

それにしても、直前に磐音さまを見直していたのですが、土方さんと磐音さまのあまりの違いに今更ながら驚いています。
表情はもちろんですが、立ち姿、座り方、目、声、仕草。
言葉の言い回しから発声の仕方まで違っているようです。
d0088952_2095195.jpg

[PR]

by aquadrops | 2007-12-22 20:10 | TV

昼ルミナリエ☆

先週、「インカ、マヤ、アステカ展」を観に神戸の博物館に行ってきました。
天空の都奇跡のマチュピチュや親子のミイラ、様々な展示物。
神聖で血生臭い儀式と戦いの日々、素朴で知恵に溢れた生活。

ひととき太古の暮らしに思いを馳せ感じるのは、現代とどちらが幸せなんだろうということ。


そして、ちょうどルミナリエの点灯される日だったので、組み立てられる様子をちょっと見学してきました。
d0088952_19122196.jpg

d0088952_19124651.jpg


本番の点灯式までに電車に乗って神戸を離れる私たち。
だって凄い人なんですもん
なので、青空をバックに昼間のルミナリエをお届けします。

珍しいでしょ!?


P.S.耕史くん関係の情報がいろいろ入ってますね♪
ヘドウィグとか、ウルルンとか、磐音様DVDとか…

書きたいことはいっぱいあるんだけど時間がないわ~(^_^;)
とりあえず楽しみですね!
[PR]

by aquadrops | 2007-12-11 19:14 | Monologue

柔道ワールドグランプリ終了!

金曜日から三日間にわたり開催された『嘉納治五郎杯 東京国際柔道大会 2007ワールドグランプリ』が終わりました。

まずは、大会を支えてこられた関係者の方々と応援の皆さん、そして何より全ての選手の方々にお疲れさまと言いいたいです。



さて、『嘉納治五郎杯 東京国際柔道大会 2007ワールドグランプリ』とは。

公式HPの説明を抜粋すると、男子柔道の「嘉納治五郎杯国際柔道大会」、そして谷亮子選手が前人未到の11連覇を成し遂げた「福岡国際女子柔道選手権大会」、この二つをひとつにまとめ日本で唯一の男女同時開催の国際大会として、この度第一回を向かえた大会なのだそうです。
そして今大会は北京オリンピックの選考にも関わってくるとのことで各選手とも気迫のこもった試合を見せてくれました。


元々武道が好きな私は、今までの柔道の試合(特に女子)は必ず見ています。
今回は昔から応援しているヤワラちゃんこと谷亮子選手が直前に怪我で欠場となってしまい残念でしたが、現役女子高生の中村美里選手という新たな注目選手にも出会え、楽しく観戦することが出来ました。
男子では、石井、井上、片渕の重量級選手と金丸選手、60キロ級の平岡選手が印象に残りました。
これからの選手たちの動向に益々注目していきたいと思っています。


最近あまりいいニュースが聞かれなかった柔道界。
一本を狙わずポイントを稼ぐ、優勢なら守りに入って時間稼ぎをするという外国人選手に多い戦い方、世界柔道連盟の理事に日本人が一人もいない事など、日本のお家芸である柔道の未来を憂える声が聞かれていた昨今ですが、なかなかどうして日本の柔道界にもちゃんと若手が育っているということがこの大会ではっきりしましたね!
自分のペースを守り抜いて常に攻め続ける沈着冷静な若い顔に頼もしささえ感じました。
面白かったです。



それにしても…
三日間、3時間以上テレビの前に座り続けるのは結構大変でした(^_^;)
疲れました。

私がこんなに必死で見ていたのは。
大会のメインキャスターを耕史くんが務めていたからでもあります♪

MCぶりはとても良かったです。
一日目こそメモを見る仕草が少々気になったりもしましたけど、耕史くん自身がとても楽しんで気持ちが本当に入っているのがこちらまで伝わってきました。
解説の古賀さんと大橋アナウンサーとのやりとりも面白くて興味深く、勝った選手に対する耕史くんの賞賛は視聴者の気持ちに添うものでしたね。
嬉しそうな笑顔が良かったです。

そして皆さん見られました?
番組が終わった後「一本で世界が変わる!」という決まり文句を三人で言おうとしてつまった時の顔♪♪
最高に可愛かったですね(●^o^●)


身体を鍛えるのをひょっとすると趣味のようにしている耕史くんですから、選手たちのストイックな練習ぶりやその取り組み方に素直に共感出来るんだろうなと思います。
でも、この大会で刺激を受けてこれからまた筋肉増強に走らないことをひそかに祈りたい…
顔に合わないガタイにならないでほしいファン心理は切実なのです(^_^;)
[PR]

by aquadrops | 2007-12-11 19:10 | Koji☆kun

朝焼け

昨日の朝、家の近くのバス停から撮りました。

ひんやりした澄んだ空気。
建物の間から顔を覗かせる太陽の光が寝ぼけ眼に染み入ります。
一日の始まりにこんな色を見れるとなんだかラッキーな気がします。

d0088952_17272719.jpg

d0088952_17274255.jpg



ところで、もう12月なんですね。
一年って本当にあっという間。早過ぎます…
[PR]

by aquadrops | 2007-12-03 17:32 | Monologue

月桂冠大倉記念館と寺田屋

今回は東福寺→伏見→醍醐寺というコースでした。

伏見稲荷に寄りたかったんですけど時間的に無理で残念(T_T)
あの赤い鳥居をくぐりたかったです。
いつか行くぞ~!

伏見では月桂冠大倉記念館と寺田屋を見学して来ました。
月桂冠でお酒作りの展示を見て思うのは。
「お米からお酒が出来るなんて誰が考えたんだろ?」ということ。
先人の知恵にはただ感心するばかりです。
兵庫県竜野の醤油作りの展示を見た時にも同じ事を思ったんでした。



さて坂本龍馬ゆかりの寺田屋。
月桂冠の受付でおじさんに道を尋ねたところ、「女性は鳥居をくぐるだけでいい事があるよ」と教えていただいた赤い塀が特徴の長健寺にお参りし、遊歩道をてくてく。
龍馬通り商店街の先、ガソスタの近くに寺田屋はありました。

車で通ると素通りしてしまいそうな地味な佇まいですが、中はいくつかの部屋に分かれていて、月の間、梅の間などそれぞれ名前がついています。
建物に隣接する庭には、混乱の時代に志を遂げることなく命を落とした志士の為に建てられた立派な記念碑「薩摩九烈士碑」があります。

二度目の私以外はみんな初めてなうえ幕末好きも私だけということで、無理やり(^_^;)解説しながら見学しました。
こちらは今でも旅館として素泊まり出来るそうです。
一度泊まってみたいですね。

そして1階の飾り棚にはなんと!
「ニッポン旅×旅ショー」で訪れた耕史くんと照英さんの記念写真が額に入れて飾ってありました♪
思わずテンション上がる私~☆
失礼して、写させてもらいましたm(__)m
d0088952_15501215.jpg

下の写真は長健寺前を流れる川です。
柳の下に十石船が泊っていて風情がありました。
d0088952_1845095.jpg

バスに戻る途中、橋の上から十石船が滑るように走っているのをはじめて見ました。
結構早かったです。
[PR]

by aquadrops | 2007-12-02 18:49 | Monologue

京都はええなぁ

先週の木曜日、職場の友達と4人で京都へ紅葉狩りに行って参りました(●^o^●)v
姫路発の観光バスなのでとっても気楽な日帰り旅行です。

d0088952_18353316.jpg
d0088952_18364794.jpg

嵐山方面に行った時は道が混んでいて大変でしたけど、今回はとってもスムーズ。
朝8時過ぎに乗車、11時には東福寺に着いていました。

今年の紅葉はまぁまぁという噂通り。
夏の酷暑のために所々葉が茶色く焼けてしまっているのが多少気になりますけど、赤や黄色に緑と見事な色合いでした。
天候は曇空でしたけど気温が高めだったので観光にはいい日和。
d0088952_1837162.jpg

しかし京都はいいですねぇ~♪
お寺って何故か落ち着くんですよね。
縁側から眺める庭園の静けさに心惹かれる私。

池に映る錦の色合いとか、柔らかそうな苔の緑とか。
その緑の上に散らばる極彩色の様々な葉っぱたち。
上を見れば、重なり合う葉の隙間から空が高いです。
日本が好きだ…

そんな京の色をおすそ分けします(#^.^#)
[PR]

by aquadrops | 2007-12-02 18:38 | Monologue

梅田の夜とカホン♪

先日、友達とのんびりランチ&お茶を楽しんできました。
場所は大阪梅田です。
d0088952_18282264.jpg
d0088952_18283879.jpg

街はもうクリスマス一色ですね~ ☆☆
夜になるとあちらこちらでキラキラとイルミネーションが綺麗でした。
この時期はどこを歩いてもどのお店を覗いても楽しくなりますね。



それから『山本耕史のスイートJAM』
友達にビデオを貸して頂き初めて見ることが出来ました!

耕史くんの性格そのままに、自然体な空気が番組全体を包んでますね。
ゲストを迎えてのトークが主なんですけど、耕史くんともう一人のMC朝倉さんの素直で落ち着いた雰囲気に、ゲストもリラックスして話がとんとん進んでいく感じです。

話し手は、聞き手の熱心さや目の輝きに勇気付けられるもの。
とってもいい番組ですね♪

そして、最後にKKDの歌が聴けるのがやっぱり嬉しい!
またライブやってほしいな。


佐野元春さんがゲストの時。
番組の最後にKDの健さんが演奏していた楽器、木の箱みたいでしたよね?
あれはペルーの民族楽器で「カホン」という名前なんだそうです。
バンドをやってる息子に教えてもらいました。

最近フラメンコに使われる事が多くなってきたらしく、スペイン発祥のものと誤解されることがあるそうなんですけど、ペルーの黒人音楽から生まれたものです。
カホン自体に座って演奏するのが一般的だそうですが、後ろに開いている穴もひとつだったり複数だったり、中が空洞の物や弦が張られているものなど、様々なタイプがあるようです。
人々の手に渡るうちに工夫が加えられていくのも民族楽器の良さなんでしょうね。

そのカホンですが、実はうちの子前々から注目していた楽器らしいです。
「ライブで使いたい」と購入を考えているそうなので、近々生の音色を聴けるかもしれません♪♪
[PR]

by aquadrops | 2007-12-02 18:29 | Monologue