カテゴリ:LOVE( 1 )

雨にぬれても ~伝説の終わり~

思春期の頃。
「映画って本当にいいものですね」
という淀川長治さんのお馴染みの言葉をしみじみと実感した映画がふたつあります。

ひとつは、『スティング』
d0088952_1582593.jpg

1973年のアメリカ映画。
監督はジョージ・ロイ・ヒル氏。
詐欺師たちが様々な手管を使い、あるギャングを罠に嵌めて復讐を果たす。
こう書くとドロドロしたイメージを抱いてしまいそうだけれど、実はコメディ映画で、ラストのどんでん返しの見事さに胸のすくような爽快さ痛快感を味わえます。


そしてもうひとつは、『明日に向かって撃て』
d0088952_15335496.jpg

監督は同じくジョージ・ロイ・ヒル氏。
実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドをモチーフとしている。
セピア色の画面が印象的な、男の憧れとしての西部劇の終わりを予感させるような映画。
主題曲「雨にぬれても」があまりにも有名。

夢の先が見え行き詰っているはずの、強盗崩れの二人の男。
出会った娘と自転車に乗るシーンが、切なくて優しくて心に残ります。
ラストシーンの二人の会話も…


どちらも主演はポール・ニューマンとロバート・レッドフォード。




大好きだった、ポール・ニューマンが先日83歳で亡くなりました。
「伝説の終わり」だと、アメリカの新聞が報じたそうです。
レッドフォードとはずっと交流が続いていたんですね。

若い頃アイスブルーの瞳が印象的で、ちょっとニヒルなかっこよさがありましたけど、年齢を重ねるにつれ更に渋くなり、お髭とスーツ姿がダンディな紳士でした。

私の映画好きは、スクリーンに映る彼の姿から始まったのかもしれないです。
体調を崩しながらも去年の5月まで仕事をしていたとニュースで知りました。
長い俳優人生を送られたのですね。
淋しくなります。
どうぞ安らかに…
[PR]

by aquadrops | 2008-09-29 15:55 | LOVE | Comments(6)