叱ること。

怒ることと叱ることは、似ているけれど全く違う。


怒ることとは、自分の感情のままに怒りを相手にぶつけること。
でも叱ることは、相手のために厳しい言葉や態度を持って接すること。


人間だから怒ることもあるだろうけど、親なら、何かあった時はちゃんと叱ることで子供を見守っていきたいと、いつもそう思っています。


普段優しく穏やかな人が厳しく叱る時、子供にその思いが伝わらないわけがない。
磐音の平手は幸吉を一回り成長させたことでしょう。

陽炎の辻2「親子」を見て、そんなことをつらつらと考えました。


そういえば、松吉のびっくり顔が可笑しかったですね(^v^)
[PR]

by aquadrops | 2008-10-23 17:39 | Monologue | Comments(2)

Commented by ruka339 at 2008-10-24 10:53 x
しずくさんこんにちわ
「陽炎の辻2」の「親子」見ました
今回の磐音さま
幸吉くんを叱ってましたね
長屋の人々・幸吉くんのおとうさん
そしておそめちゃん達が心配して
ましたものね
叱られた後幸吉くん「ごめんよごめんよ浪人さん」
と、あやまってましたね
そして磐音さま「分かれば良いのです」と
優しい笑顔をされてましたあ~。

Commented by しずく at 2008-10-25 23:51 x
ruka339さん
こんばんは(^_-)-☆
今回は特に好きなエピソードでした。
幸吉くんの「ごめんよごめんよ」という言葉にまだ泣かされてます。
叱った後のフォローも磐音さまは完璧でしたねぇ(^v^)
染み入る笑顔がたまりません!

佐伯先生が目指してほしいと言われた新しい時代劇がここにありますね(^^)v