岡山後楽園

岡山城の後は、川を渡ってすぐの後楽園へ。
d0088952_01267.jpg


~岡山後楽園HPから抜粋~
『岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4年(1687)に着工、元禄13年(1700)には一応の完成をみました。その後も、藩主の好みで手が加えられましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。
 また、江戸時代の絵図や池田家の記録、文物が多く残され、歴史的な変遷を知ることのできる、地方では稀な大名庭園となっています。』
d0088952_045161.jpg

私が行った時はイベントはなかったんですが、29日から「幻想庭園」と銘打って池がライトアップされ、幽玄の世界へ誘ってくれるとか。
これを見たかった!
今は蓮が見頃ですね。
d0088952_015643.jpg

花は夜明けとともに開き始めて昼前には閉じてしまうんだそうです。
大きさはなんと30センチにも及ぶそうです。
凄いですねぇ!
ピンク色もありました。
d0088952_032147.jpg

ところで、涼しげな木陰に居眠り猫がいました。
おもわずパチリ
耳だけピク!と動いたけど目は閉じたままです。
誰かさんのように、穏やかなツワモノかもね(^_-)-☆

高台から眺めると、大小様々な形と大きさの池が綺麗に整えられた芝生のそこかしこに水を湛えてのどかです。
癒されます。
d0088952_071641.jpg

d0088952_0201913.jpg

d0088952_0205247.jpg

もう少しゆっくり散策したかったんですが、なにしろ暑い!
それにライブの時間も迫ってきたので、今回は半分くらい回っただけで外へ出ました。

川のそばの茶店は日陰で涼しげ。
d0088952_010178.jpg

お土産物の棚には、ちょっぴりメタボな居眠り猫が…(笑)
d0088952_0115323.jpg


生まれ変わったら猫になりたい。
自由にのびのび暮らしていそうだと、ちょっと居眠り殿が羨ましくもありました。
いっぱい美味しいもの食べてるんだろ~なぁ。
[PR]

by aquadrops | 2008-07-31 00:13 | Monologue | Comments(2)

Commented by ちか at 2008-07-31 11:08 x
写真だけ見てるととっても涼しそうです。
ねこちゃん大好きなので、居眠り猫に癒やされました。
メタボ猫のウエストがマグロのようですね(笑)
私も生まれ変われるならねこがいいなぁ。
でも毛皮の脱げない彼らには、日本の夏は厳しそう…。
Commented by aquadrops at 2008-08-03 17:47
そうですねぇ。
この毛皮はかなり暑いかもしれないです(^_^;)
こちらのメタボな居眠り猫はちょっと笹塚さまのイメージなんですけど、どうですか?