しずくのアタフタ東京訪問記

そんな名前でも付けられそうな濃い二日間でした。

14日の夜三ノ宮を出てから、夜行バスで東京まで8時間と少し。
格安の便だったので席が狭く、殆ど眠れず…

6時半ごろ新宿着。
早朝の新宿はカラスの縄張りみたい。
スタスタと歩く人間の陰に澱んだものが潜んでいるような、どことなく怪しい空気がまだ残っている気がする。

それにほんの少しそそられる私。
でも、とりあえず落ち着くところを探さなきゃ!
携帯の充電が切れそうだし、荷物を整理して身軽にならなきゃ疲れるだけ。
それに眠いよ~(>_<)

少し歩いて通りを見渡すと、空いてる店はマクド(関東だからマックだ)かマンガ喫茶だけ。
充電出来そうなのは、マンガ喫茶。
ヨシ!
気合を入れて初めて入ったマンガ喫茶。
結構きれいです。煙草臭いけど…
店員さんに微妙に引かれつつ(なんでだ?)個室に入りました。
ほぉ~ こうなってるわけね。
トイレもシャワーも併設されてます。
荷物を整理して、ひと寝入り。
ちょっとスッキリしました!

その後着替えて荷物をロッカーに預け、友達と落ち合う12時までに髪の毛をなんとかしなきゃと出掛けます。
付け毛を自分で着けるより、プロに頼んでみようかと、突然思い立った行き当たりばったりな私。
開演は2時だから、昼までに済ませればあとはご飯を食べてと…
あれれ、スタジオパークとか。観光する暇ないかも。

美容院。
これがなかなか見付からない。
どこもかしこもビルだらけ。
歌舞伎町に美容院ってあんまりないの?
出てる看板を頼りに探すこと30分。
1軒目、付け毛でセットは「無理」とすげなく断られ。
2軒目、微妙な空気で迎えられるも、「どうぞ」とOKのお返事。
よかった!
このお店(エキニア新宿というビルの8階、D-salon)男性の美容師さんが殆どみたいな気が…
気が引けるものの、もう入っちゃったんだから仕方がない。

尼崎出身だという美容師さんが洗髪とセットをしてくれました。
観劇中後ろの人の邪魔にならないようにあまり高くないアップスタイルとか、ピンと付け毛持参とか、ややこしい注文を快く聞いて下さり、楽しくセットしてもらいました!!

おお!とっても華やか~☆
関西弁丸出しの私は色々質問されまくり。
いつものノリで全部喋る私(^_^.)

「誰のライブなんですか?」
「山本耕史くんやねん」
「え?あの顔の綺麗な…」
「そうそう!歌もめっちゃ上手いねんよ~」

若い男性から見ても、耕史くんてば「綺麗な顔」っていう印象なのね~♪
なんだか嬉しい。

住田さん、無理を聞いてくださってありがとう!
お陰さまで、ニワトリさんをコケ~ッと鳴かす役割を授けられましたよん。

来週また東京に来ると言ったら、「またセットしに寄って下さい」と言われちゃいました。
冗談抜きで行ったりして…ね。

アップスタイル、一応自分で映してみました!
これは私じゃ出来ないな~
d0088952_19261383.jpg



伊勢丹で友達と落ち合う約束。
伊勢丹を探してウロウロ…これまた30分。
でも地下のプロムナードはわかりやすくていいですね。


待ち合わせしていた1階の化粧品売り場に、「オネェMANS」に出演している有名なメイクアップアーティストが来て実演していました。
イッコーさんじゃなく、細身の男性の方。
「わぁ有名人だ!」と近くで見学。
あんまり人だかりもしてなかったです。

友達と無事に会い、時間もないので伊勢丹の上階で和定食をいただき、厚生年金に向かいます。

d0088952_19281882.jpg

1時35分、厚生年金会館着。
グッズ売り場でCDをゲットしてから着席。






観劇後。
お友達と写真を撮ったり話をしたりして、心はほんわか。
それぞれの帰路に向かう前。
会場を後にしても、まだ興奮冷めやらぬ私たち。
とりあえず喉を潤そうと近くのCAFEへ。

どういうわけか、お客さんの大半が男性なのを不思議に感じつつ、グレープフルーツのゼリーと抹茶オ・レをオーダー。
ビタミンを補給しなきゃね!
d0088952_19284612.jpg

会場は熱気がむんむんしていたし、ライトが当たって暑かったので、冷たいデザートとっても美味しかったです。

「ここ、新宿2丁目だね」とあとで気付いた友達が教えてくれたんだけど、だから男性連れが多かったのかな~

よくわからないけど、不思議で魅力的な街だ。
また来たいな。


新幹線で帰る友達と別れ、私は一人で軽く夕食。
駅前の通りを見渡せる窓に面した席はいい感じ!
お昼は和食をしっかり食べたので、パンケーキピザと紅茶をゆっくりいただきました。
d0088952_192988.jpg

夕暮れの都会の風景は、ヘドに似て、猥雑なのになんとなくあたたかい。
幸せだな~(#^.^#)
来て良かった!



もうひとつ、方向音痴ならではの事件がありました。

たしか、ここならわかりやすいはず、と思って荷物を預けたコインロッカー。
歩けども歩けども見付からない!!!

あれ~
おかしいなぁ…

結局1時間探し回りましたけど自力では見付けられず。
キーワードは「中央西口」だったので、交番で聞いたらあっさりと教えてくれました。
京王線の中央西口だったようです。
ちょっとわかりにくい所でした!
あれれ(@_@;)
これもまた勉強ですかね。
次はもうちょっとちゃんと場所を確認してから荷物を預けます。
[PR]

by aquadrops | 2008-06-17 19:29 | Monologue