HEDWIG地方公演、代役に望月さんを迎え開催決定!

公式HPとマグナムさんに代役のお知らせが出ました。
全文、転載します。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ出演者変更のお知らせ
ソムン・タクの来日中止に伴い、下記日程公演におきまして、イツァーク役が望月英莉加に変更になります。
お詫びとともに、何卒、ご了承を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

5月27日(火)仙台公演(Zepp Sendai)
5月29日(木)札幌公演(北海道厚生年金会館)
5月31日(土)/6月1日(日) 名古屋公演(Zepp Nagoya)
6月8日(日)神戸公演(神戸国際会館・こくさいホール)

*************************************************************

大阪以降の地方公演が全て中止という最悪の事態は免れました。

ファイナルとライブの話が出ていないのが少し気になりますが、まだ調整中なんでしょうね。
焦らず待ちたいと思います。
とりあえず、地方公演が無事に行われるということで一安心です(#^.^#)

ただ、大阪公演のみ観劇される予定だった方のお気持ちを思うと辛いです。
「たかだか娯楽じゃないか、大袈裟な」と思われる人もいるでしょう。
でも私たちにとってヘドウィグは、そんな言葉で片付けられるような簡単なものじゃない。
普段離れていても、遠くにいたとしてもどこかで何かが繋がっている、そんな大切な存在なんです。



ほぼ一日たって強く感じること。

それは耕史くんに対する想いです。

タクさんが間に合わないかもしれないと知ったのは一体いつだったんだろう。
それからきっと悩んで考えて、中止だけは避けたいと、耕史くんはきっと考えたはずです。

間に合わなかったら一人芝居ででもやり通して、観に来てくれた人たちを悲しませたくないと、リハーサルを続けていたと聞きます。

けれど、結果的に中止。
誰よりも悔しかったのは、その場にいた耕史くんだったでしょう。



この混乱した状況の中、私達ファンがおろおろしている間に調整が行われていました。
望月英莉加さんをイツァークに迎えての地方公演。
「全て中止になるかもしれない」
そんな不安を抱えたままで一日も過ごしたくありませんもの。
スタッフの方たちをはじめ、主催側の素早い対応に感謝したいです。

そして望月さん。
この緊急事態によくぞ代役を引き受けてくださったと思います。

2008年版RENTでのモーリーン役、そして以前のRENTでも耕史くんと共演されているそうなので心強いです。
モーリーン役なら歌唱力は折り紙つきでしょう。
ただヘドウィグは英語なのと、火曜日の仙台まで今日を入れて3日しかない事を考えると厳しい状況に違いありません。

望月英莉加さんの勇断に拍手を贈りたいです。



私はツアーのラスト、6月8日の神戸公演を観に行きます。

2008年ヘドウィグに課された試練、大きな壁でもあるこの事態。
いつもヘドウィグに癒され励まされてきた…
今度はこちらが客席から見守り支えていく番ですね。


仙台、札幌、名古屋、神戸の皆さん、そして遠征組のみなさん。
地方公演、今度は私達が盛り上げていきましょう!!

よろしくお願いします!
[PR]

by aquadrops | 2008-05-24 17:21 | Stage