神戸新聞夕刊

12日の神戸新聞夕刊にHEDWIGの記事が載りました。

d0088952_1834439.jpg

シルバーのネックレスとジャケットが同じなので、もしかしたら「ちちんぷいぷい」と同じ日に撮られた写真かもしれません。


********************************

「性を超えたロック歌手」
大きな見出しにこう出ていますが、あまりそんな風に性別を意識して観たことはないですね。

「少数派の目線で描かれた作品だからこそ、今の価値観を疑い、普遍的なものを見つめ直すきっかけになる」
こちらの言葉は耕史くんによるものでしょうか。


「人を愛したり、憎んだりする、誰にでも共感出来る感情を伝えたい」
「ライブを見る感覚で楽しんでほしい」
とPR。

「肉体も精神も酷使するが、レッドゾーンを振り切らないと良くならない作品。技巧に走らず、全力でぶつかる」
舞台に懸けるいつもの姿勢。
新たな挑戦をする度にハードルを高く掲げて前を見詰めるいつもの佇まいです。

もうすぐ会えるんですね。
新たなヘドウィグに。



プロフィールとして。
レミゼの少年革命家の次に「新選組!」土方歳三役を挙げてくれてます。


「土方は日本をよくしようと戦ったが、意味のない戦いは逃げた。状況判断ができ、必要な時には身を削って戦うのは自分の理想。今後も作品を通じ、そんな生きざまを発信したい」

その心意気、みんなしっかりと受け止めていますよ~!




神戸での舞台出演は約10年ぶりなんだとか。
21歳の頃といえばもしかしてRENTでしょうか?

「客席と一体になれる作品で神戸に行けるのは楽しみ」

はい! みんな待ってます!!
[PR]

by aquadrops | 2008-05-14 18:14 | Stage