岡山へ

友達と日帰り旅行で岡山へお花見に行ってきました。

桜は前日の雨にもかかわらず結構残っていて、散りゆく間際の刹那の美を留めていました。

風が吹くたび花びらが舞いて落ちて、うす桃色の絨毯があちこちに出来ています。
菜の花の群生も冴えた黄色が青空に映えて綺麗でした。
d0088952_1394551.jpg

d0088952_1385818.jpg


d0088952_138262.jpg


以前に行った岡山城は黒い壁が男性的な印象でしたけど、津山城(明治の初めに取り壊されて、一部のみしか残っていません)は白い壁。
そして頑丈な造りの石垣が当時の隆盛ぶりを偲ばせていました。
桜は5千本もあるそうです。
いつか満開の時に行ってみたいな。

この津山城を築いたのは、織田信長の従者として有名な森蘭丸の弟で、森忠政公なのだそうです。
身近なところに歴史の息吹が残っていたことを初めて知りました。
[PR]

by aquadrops | 2008-04-13 01:40 | Monologue