The PHANTOM of The OPERA


d0088952_22345775.jpg
劇団四季の『オペラ座の怪人』を観てきました。

****************************************
オークションで売りに出された遠い昔のいわく付きの品・古いオペラ座のシャンデリア。
布に覆われていたその巨大なシロモノが再び姿を現し煌びやかな光を放つ時、過去の暗く謎めいた事件の舞台へと時代は遡り…悲劇の幕が切って落とされる。
****************************************

見応えのあるミュージカルでした。
限られた舞台上で大掛かりな装置が一瞬にして場面を転換させ、いくつもの幕やセットを駆使して距離感と移動する空間を上手く表現していました。
暗い場面での照明は観る者の気持ちを引き込み、華やかなダンスやパーティのシーンは明るく楽しくて衣装も目映く豪華絢爛。
あの有名な主題はやはり強烈な印象ですね。効果的に使われていました。
そしてやはりキャストの歌声がすごい!

私は最近の映画DVDを観ているのですが、この舞台はそれにかなり忠実に作っているように感じました。

なんともいえない不安感を煽る気持ちの高ぶるあの主題。
ダダダダダーン!というフレーズがしばらく頭から離れそうにないです。

観客の中に小学生くらいの子供がいましたけど、夢を見ないだろうか?と余計な心配をしちゃいました。
[PR]

by aquadrops | 2007-07-01 22:36 | Stage