最近観た映画・ドラマ

『LIMIT OF LOVE 海猿』
劇場にも観に行ったのですが、テレビでもやはり観てしまいました。

この作品、もとは小学館「週刊ヤングサンデー」に連載されていた漫画で、作者は佐藤秀峰さん、原案取材は小森陽一さんです。

2004年にフジテレビが映画化。
2005年には同じキャストでドラマ化され、 その続編として作られた3作目「LIMIT OF LOVE」は2006年公開の邦画実写映画で興行収入第一位だったそうです。

前作では訓練士だった主人公仙崎大輔も海上保安庁の機動救難隊員として海難救助の最前線で活躍している。
そんな中、鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の座礁事故が発生。
救助に駆け付けた仙崎は偶然にも乗り合わせていた恋人の姿を見付ける。
乗客は620人。安全な避難には時間が…
瞬く間に浸水を始め、沈没までのタイムリミットはわずかしかない。
しかも大型フェリーの船内には195台もの車両が積載され引火・大爆発の危機が迫る。

最後まで取り残され、仙崎と共に極限の脱出を試みる乗客に大塚寧々と吹越満。
仙崎のバディに佐藤隆太。恋人・加藤あい。
そして潜水士仙崎大輔・伊藤英明。
この4人の心の交流と生死を賭けた葛藤を物語りの軸とし、海上保安庁の協力のもとで撮影されたという緊迫した水中・海上シーン。
傾いていくフェリーや爆発のシーンはCGとロケなんでしょうか。迫力ある映像になっています。

訓練士の頃から仲間や要救助者の死に直面し心に傷を負いながらも「人を救いたい」という情熱に突き動かされて成長していく仙崎の姿がいいです!
熱いヤツは好きですね~(^ー゜)ノ


あと、土曜の夜11時半頃からやっているドラマ『ライアーゲーム』
これが面白い!

ある日突然ポストに舞い込んでいた「ライアーゲーム」なる物への招待状。
家にはゲームに必要な一億円が送られてくる。
そう、つまりこれは一億円を持っていかに増やすか、というマネーゲームだったのだ。
逃げることは許されない。
勝たなくては一億円は他人のものとなり、同時に自分自身が同額の負債を背負うことになるという恐るべきルールだった。

戸田恵梨香がお人よしで騙されやすいちょっと間の抜けた主人公を演じています。
でも、ただのお馬鹿だけじゃない、本当に芯が強いのはこんな子かもしれないと思わせてくれるので、これからの展開が楽しみ。

主人公を助けてくれたのは刑務所を出たばかりの天才詐欺師。
何を考えているのかわからない、陰のある詐欺師に松田翔太。
「花より男子」ではスマートなお坊ちゃんでしたが、今回はクールな切れ者役がなかなか似合っています。

あとはオダギリジョーの『時効警察』
まだ録画しただけで観ていないので休みの日にゆっくり見たいです。
[PR]

by aquadrops | 2007-04-24 19:17 | TV | Comments(2)

Commented by みどり at 2007-05-01 10:45 x
 「時効警察」あいかわらず飛ばしてますよ~。サイッコーに楽しいです。又来さんはもちろん、新人の子に注目してくださいね。って連休前半終わりましたが見られましたか?
 それと私の今回、以外にはまってしまったのが「セクシーボイスアンドロボ」です。楽しい中にも毎回ほろっ、ジーンとするところがあって、ああなんんかドラマらしいドラマだなあって思います。第1回目の中村獅堂なんてすごくよかった。もうラスト泣いてしまいました。松山ケンイチに好き嫌いがあるようですが、私は好きですね~あの雰囲気。
 『ライアーゲーム』も評判いいみたいで、見てればよかった、と思っています。次回から見ようかな。途中から見てもいいのでしょうか?
 
Commented by aquadrops at 2007-05-01 14:17
みどりさん、時効警察、また寝てしまってました(T_T)やはり飛ばしてますか☆ 新人さんがGoodなのですね?注目してみます~(*^□^*)ノ" 私も「セクシーボイス」見たかったんですけどドラマを続けて見るのって結構難しいですねぇ。すぐ忘れちゃうの。松山ケンイチくんは、デスノートと夢十夜から好きです。「ライアーゲーム」は1話で一区切り付くので途中から見ても楽しめるんじゃないかと思いますよ。一度見てみてね♪