おかえり。

2009年11月27日。

とうとう、私たちのヘドウィグが大阪へ帰ってきました!




待ってた、ヘド。
待ってたよ、アングリーインチ!!









しかし実は…
ドリアンの印象がまだ抜けてなかったし、日々の雑事に追われてちっとも盛り上がれてなかった私です。
耕史くんファンの方たちのブログを読んでは、自分とのあまりのテンションの差に淋しくなってました。

おまけに懲りない私はヘドまでの時間にマイケルの「THIS IS IT」を観に行っていました。
上映最終日の滑り込み鑑賞。
そして頭の中には「Billie Jean」「Beat It」が流れてて…
感じる事がたくさんありすぎて茫然としてました。


でも時間が迫ってます。
とにかく急いで大阪へ行かなきゃ。


乗り慣れない地下鉄で厚生年金へ。
暗くて目印がわからない。
迷いました…

なんだか疲れた。
こんな状態で本当に楽しめるのか?とちょっぴり不安を抱えながら、パンフレットをゲットして…
席に着く。

私の席は9列目右寄り。
ヘドも耕史くんもミュージカルも初の娘と観るには観易い良い席でホッとしました。


会場は2階席まで満員。
開演前のざわめきが耳に心地いい。

ドキドキしてくる。



いつものように、舞台上に描かれたハンセルの絵。

スモークが辺りをうっすら白く霞ませて…
ステージ上で輝くHEDWIGのロゴが、目の奥に染み入るようにキラキラ。



なんだか懐かしい。

ああ、帰って来た。






やっぱり来てよかった。
[PR]

by aquadrops | 2009-11-29 01:53 | Stage